基礎代謝量


同じような食事をしているのにそして運動量も変わらないのに自分だけが太ってしまうというような場合には何が原因なのでしょうか?実は、人間はそれぞれ持っている基礎的な代謝レベルが異なっています。ですから、基礎代謝量の低い人が高い人と同じ生活を送ると代謝されないでいるエネルギーが脂肪となって蓄積されてしまいます。

制限このような場合には、体がそれほど多くのエネルギーを必要としていないので、食事の量を制限するのが一番お勧めの改善策となってきます。必要以上のエネルギーを体が摂取していることを意味していますので、その量を減らしても体に危険が伴う訳ではありません。といっても、いきなり食事の量を減らすのは実は難しいものがあります。たべる量というのは体が覚えている部分がありますので、急に減らしてしまうと、体の方で食べたりないという感覚を覚えるようになります。たべる量を減らす場合には、ですから急激に減らすのではなくて徐徐にその量を減らしていくことがお勧めです。

もちろんその間には、体に脂肪が蓄積してしまいますが、最近は体に蓄積された脂肪を分解する施術も可能となっていますので、それを併用しながらだんだんとそして少しずつ食べる量を制限していくようにするといいでしょう。